2013年 株価 業種別 注目株

アベノミックスによる株価上昇が起こっているが、買いの大半は海外投資家からのもの、この後日本人投資家の買いが続くと思われるが、売りのタイミングが難しい。 すでに私は資金の20%を売り玉に当てている(ちょっとはやいかな・・) 安部効果で影響の出る業種は当然ながら輸出関連企業、建設、橋梁、景気敏感株といわれる株などなど・・・
売りタイミングを見極めるなら参議院選挙の動向を見極めるべきです。

2012年 株価 業種別 注目株

 米国投資家から日本企業の今期業績予想は慎重過ぎるとの指摘を受けたが、ファンドマネージャー調査でも、日本企業の業績判断(良い-悪い)が6%→-2%と悪化した。慎重な業績予想に加えて、日銀の不十分な金融緩和も、日本株弱気の理由とされた。循環的に弱気だと、構造的な欠点も目につきやすい。TPP締結の遅れや、郵政民営化の後退まで、日本株弱気の理由にされた。米国では、日本株に専門的に投資するファンドが減っているうえ、グローバルファンドでは日本株を恒常的にアンダーウエイトしている。
石油石炭製品 >原油高の進行で強含みの可能性大。
 米国・欧州の金融政策は当面現状維持だろうが、日中の中央銀行からは近く追加金融緩和が発表されよう。東証1部の騰落レシオは約80%まで低下し、テクニカルな過熱感は解消された。ただ、日本株回復には、
(1)27日の日銀決定会合での金融緩和
(2)5月6日のフランス・ギリシャの選挙後の不透明要因の低下
(3)5月以降の中国経済見通しの改善などを待たなければならないだろう。  世界の投資家から日銀政策への注目が高まっている。日銀は4月10日の決定会合での金融緩和を見送ったが、27日の決定会合での追加緩和が期待される。昨年10月の展望レポートで発表した日銀のコアCPI予想は2012年度0.1%、2013年度0.5%であり、1%の目途に遥かに届かない。
白川方明日銀総裁は10日に「CPI1%という目標は短期的に一気に実現するものではない」と牽制する一方、新たな展望レポートを発表する次回の金融政策決定会合で、「念入りに点検し、適切な金融政策をやりたい」と追加緩和に含みを持たせる発言をした。多くの市場関係者が27日の決定会合での追加緩和を期待しているため、資産買入基金の65兆 →70兆円への引き上げだけでは市場にポジティブ・サプライズをもたらさないだろうが、買入対象国債の長期化(残存期間2年国債→4年国債)などがあれば、ある程度市場から評価されよう。

最新情報

ペット薬|犬猫のオーナーが悩みを抱えるのは…。

ペット薬|犬猫のオーナーが悩みを抱えるのは…。

この頃は、ひと月に一度与えるペット用フィラリア予防薬が流行っていて、基本的に、ペット用フィラリア予防薬は、服用してから1ヵ月を予防するんじゃなくて、飲んでから1ヵ月遡って、予防ということです。ノミ退治、予防は、成虫のほか

続きを読む

ED治療|すぐに消化されて極力油を使っていない食べ物をとることにして…。

ED治療|すぐに消化されて極力油を使っていない食べ物をとることにして…。

各社から販売中の精力剤を恒常的に服用し続けている場合や、一気に大量に服用するという行為は、服用者のみなさんの想像をはるかに超過して、人間の体にとっての重荷になることが知られています。ED治療薬のバイアグラって、希望の病院

続きを読む

AGA治療|実際的に薄毛になるような場合…。

AGA治療|実際的に薄毛になるような場合…。

実際的に薄毛になるような場合、様々な要因があると思われます。その中において、遺伝の影響だと言われるものは、ざっくり言って25パーセントだという報告があります。抜け毛と申しますのは、髪の毛の誕生サイクルの過程内で見られる問

続きを読む

OCDとも名付けられている強迫性障害は…。

OCDとも名付けられている強迫性障害は…。

OCDとも名付けられている強迫性障害は、現実的には体調がかなり広範囲に及ぶと言う理由から、特定しづらい精神疾患だと感じますが、相応しい治療をいち早く行なうことが必要不可欠です。アボット(abbott)という海外では大手の

続きを読む

自律神経失調症には多くの疾病状態があると言われていますが…。

自律神経失調症には多くの疾病状態があると言われていますが…。

うつ病そのものが完治という所まで治っていなくても、「うつ病を見つめ直す」ように成長したとしたら、さしあたり「克服」と断言しても問題ないのではないでしょうか。パロキセチンを主成分とするパキシル・ジェネリック(ペクセップ)1

続きを読む

諸々の精神疾患と一緒で…。

諸々の精神疾患と一緒で…。

殆どの場合、若い頃からトラウマをキープし続けてきたとしても、何かの巡り合わせでそれが表面化しない限り、対人恐怖症に陥ることはございません。ガバペンチンが最大量300mg含まれているガバピン300mg(ガバペンチン・ジェネ

続きを読む

基本的には甲状腺機能障害には陥っていないのに予期不安で落ち込み…。

基本的には甲状腺機能障害には陥っていないのに予期不安で落ち込み…。

ウェブサイトを調べると、自律神経失調症を治すことが主目的のコースやストレッチングだったりが、いっぱい掲載されているわけですが、リアルに効くのでしょうか。精神疾患を患う人なら必ずと言っていいほど知られているペクセップ(パキ

続きを読む

日本国民の約2割の人が「生きている内に一回はうつ病になる」とされている現在ですが…。

日本国民の約2割の人が「生きている内に一回はうつ病になる」とされている現在ですが…。

ネットを見ると、自律神経失調症を治すことが目的のメニューだったり体操等々が、いろいろと公表されているわけですが、リアルに実効性のあるものなのでしょうか。多くの有効成分量の種類が存在するペクセップ(パキシル・ジェネリック)

続きを読む

あなたも知っている通り…。

あなたも知っている通り…。

自律神経失調症の治療で、苦しんでいる期間を縮めるためには、患者である私はどういった風に治療に取り組んだらいいか、どうぞ説明してください。私の知る限りでも抗うつ剤としてよく売れているのがラミトールOD(ラミクタール・ジェネ

続きを読む

“心的な流行感冒と言える”といった把握がちょうどいいほど…。

“心的な流行感冒と言える”といった把握がちょうどいいほど…。

うつ病は「精神疾患」であることを肝に銘じて、状態が重篤化する直前に診察を受け、きちんとしたケアを施してもらい、穏やかに治療に立ち向かうことが要されます。塩酸フルオキセチンが主成分のフルニル(プロザック・ジェネリック)10

続きを読む